子どもにアラキドン酸が必要なわけ

アラキドン酸は、脳の発達にとても影響を及ぼすと研究結果がでています。脳は、3歳までにほぼ形成されると言われているのですが、乳幼児期にアラキドン酸を多く摂取することで、どんな影響があるのでしょうか。

アラキドン酸の摂取を常に心がけた食生活を行った場合と、アラキドン酸を気にしない食事メニューにした場合とでは、子どもの記憶力や言語力のレベルに差が出たという結果もあります。アラキドン酸は、魚、肉、卵に多く含まれているので、小さいうちから食べる習慣を付けさせると良いですね。それ以外には、母乳に含まれています。脳がどんどん成長して行くためには、赤ちゃんにアラキドン酸が必要不可欠だということを、昔からわかっていたかのような、この繋がりですよね。

また、アラキドン酸が不足してしまうと、脳の発達だけではなく身長や体重の増加にも影響を及ぼしてくるので、本当に大切な成分だと言えます。大人にとっても重要な栄養素で、アラキドン酸が不足してしまうと、ホルモンバランスが崩れ、最終的には鬱などの症状が出てしまうこともあるので、すごく大切なものなのです。

アラキドン酸を多く含む食べ物№1は卵で、次いで豚レバー、わかめ、いわし、さば、ぶりなどです。しかし、摂取し過ぎるのも問題で、アレルギーなどを発症する恐れもあるので、毎日少しづつメニューに取り入れるのが良いですね。40歳を境に、どんどん体内から減少していくアラキドン酸、積極的に摂取していくようにしましょう。

ページのトップへ戻る